宿泊予約検索

宿泊日・宿泊数

ご利用人数(1部屋合計あたり)
  • 大人
  • 小学生
  • 幼児※1
  • 幼児※2
  • 幼児※3
  • 幼児※4
  • ※1 食事・布団あり
  • ※2 食事あり
  • ※3 布団あり
  • ※4 食事・布団なし
部屋数(合計)
食事条件

閉じる

俳句のお寺

松尾芭蕉

松尾芭蕉

かつて松尾芭蕉は、主君良忠の遺髪を菩提寺である報恩院に納め、冥福を祈るために高野山を訪れたといわれています。その報恩院は、明治維新を迎え大きく時代が変化する中で普賢院と合併したお寺です。 このような縁で、戦後間もない頃、ホトトギス同人白象として句界で活躍していた当院住職寛紹は、西行法師が好んでこもったという伽藍の三昧堂を模した芭蕉堂を建立しました。
現在は芭蕉のみならず、子規、虚子、年尾をお祀りしており、俳句に親しむ多くの人たちが訪れ、定期的に句会も開催されています。

芭蕉堂には句帳が置かれ、参拝者が即吟句を残されています。その作品数は3万句以上となっています。

高浜虚子

昭和2年、俳句雑誌「ホトトギス」を主催する高浜虚子が記念講演で高野山を訪れました。当時の住職寛紹(後の第406世金剛峰寺座主、俳号 白象)は、ホトトギスへの投句を続け同人として活躍したことから、木国、青畝、誓子などホトトギスゆかりの人たちの句碑が山内に数多く建てられました。
昭和26年には虚子、昭和56年に年尾、さらに平成11年には稲畑汀子の句碑が建てられ、奥の院に親子三代の句碑が揃うことになりました。現在、文学館では高浜虚子をはじめ様々な文人の残した墨跡を展示しております。

高濱虚子(たかはま・きょし)〔本名、清〕
1874(明治7)~1959(昭和34)松山市生れ。
河東碧梧桐とならぶ子規門の高弟。子規の「ホトトギス」を継続経営。
明治・大正・昭和三代にわたり俳壇に君臨、多くに秀逸人材を輩出させた。新傾向に対して守旧派を任じ「十七音有季」、「花鳥諷詠」を提唱。

  • 『残雪の御山に吹かず涅槃西風』
    高浜年尾(たかはま・としお)〔本名、年尾、別号、としお〕
    1900(明治33)~1979(昭和54)東京神田生れ。
    会社員の後、昭和9年より俳句に専念。虚子の長男。
    本名「年尾」は正岡子規が命名。ホトトギスの経営。

  • 『朝寒や我も貧者の一灯を』
    池内たけし(いけうち・たけし)
    1889(明治22)~1974(昭和49)
    ホトトギス一欅主宰。

  • 『一山の清浄即美秋の雨』
    富安風生(とみやす・ふうせい)〔本名、謙治〕
    1885(明治18)~1979(昭和54)愛知県生れ。
    東大一逓信省・虚子門下、酒脱な作風で知られた。
    「若葉」主宰

  • 『仰ぎたるところにありし返り花』
    清崎敏郎(きよさき・としお)〔本名、星野敏郎〕
    1922(大正11)~1999(平成11)東京生れ。
    高校教師。俳文学者・富安風生の「若葉」を継承。
    高浜虚子の俳句観に共鳴、花鳥諷詠と客観写生に徹する。

高野山の句碑・歌碑

高野山の句碑・歌碑

「牡丹百二百三百門一つ」作の句碑
増福院前

地図

地図・拡大図